プロフィール

スタッフ

「山ちゃん」こと 
博多屋台串 山笠の店長です。
よろしくお願いします。

最近のコメント

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

« 今日は残念な事に雨・・・でも嬉しい事がありました。 | メイン | 当店の串盛りの一例です。勿論ちゃんと焼いてからのご提供です! »

2012年2月 7日 (火)

焼き鳥の種類について

今日も無事一日が終わりました。
雨の中ご来店頂いたお客様、誠に有難うございました。
本日は雨という事もあり傘の忘れ物が2件もありました。
お客様をお見送りして店内に戻り後片付けをしていて発見し
後を追っかけましたが最初の方はみつからずお預かりしていたところ
しばらくして気が付いて戻って来られました。
こちらが気が付くのが遅くなり大変ご迷惑をお掛けいたしました。

よく最近当店の串焼きメニューについて問い合わせがありますので
ここでお知らせしておきます。

四つ身:鶏もも肉と鶏もも肉の間に玉ねぎが刺してある博多独特の串です。
    玉ねぎの甘みともも肉のバランスが絶妙な仕上がりです。

博多の串焼きは四つ身に代表されるように間に玉ねぎを挟むのが特徴とも言えます。四つ身の他に豚バラなんかも玉ねぎを挟みます。玉ねぎは体内に入った余分なコレステロールを流す働きがあるそうで肥満防止にも役立つそうですが私には当てはまってないようで・・・

つなぎ:鶏の心臓は円錐形になっていてその下の部分を切り落とし「はつ」と    してメニューに載せている焼き鳥屋は多いのですが切り落とした部    分を串に刺したのが「つなぎ」といいます。

一般的にはあまりメニューにありません。もも肉やレバーのように部位で販売されているものではない為に自店で仕込みをしていないような居酒屋では入手が出来ないからです。また、自店で仕込みをしている店でも意外と知られていないので捨てられてしまっているのです。でも、実はとても美味しい串なんですヨ!!これがメニューにある店はちゃんと手刺ししています。別名で「はつ元」ともいいます。

せせり:鶏の首肉のことです。

一般的な居酒屋や焼き鳥屋では2Kg入りの冷凍パックで仕入れ少しづつ解凍しながら刺したり2Kgを全て刺し冷凍保存して、その日必要な分だけ解凍して使っていますが鮮度にこだわる当店は生の首肉を毎日少量づつ仕入れては刺していますのでホームページに載っているように肉が鮮やかなピンク色をしています。何日も経ったり解凍した肉は白っぽい色をしていますので焼く前の肉を覗いてみるとよくわかります。

ピーチー巻き:ピーマンでチーズを巻き、そのピーマンをバラ肉で巻いた串。

女性に人気があります。

 
これからも美味しい串を食べて頂くために

美味しくなるように焼く。美味しく焼くために美味しくなるように刺す。
美味しくなるように刺すために美味しくなるようにカットする。

をモットーに仕込みますのでよろしくお願いします。


トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://cms.blog.gnavi.co.jp/t/trackback/567165/28506401

焼き鳥の種類についてを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

博多屋台串 山笠 のサービス一覧

博多屋台串 山笠